[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

インデックス

Jump to:   #   %   -   .   1   7   8   <                                    
A   B   C   D   E   F   I   L   M   N   O   P   R   S   U   V   W   Y  
Index Entry Section

#
#line指示子、制御10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
#line指示子とLex8.1.1 FlexとPOSIX

%
%array3.9 %option(Flex 2.5の補足情報)
%option3.9 %option(Flex 2.5の補足情報)
%pointer3.9 %option(Flex 2.5の補足情報)
%s、詳細3.8.1 スタート状態の説明
%x EOFを使用したサンプル9.1 コメントの処理
%x より長いテキストにマッチするサンプル9.1 コメントの処理
%x 複数行文字列を使用したサンプル9.2 文字列リテラルの処理
%x、詳細3.8.1 スタート状態の説明

-
-+10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
--help10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
--version10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-710.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-810.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-?10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-b10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-B10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-c10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-C[efmF]10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-Ca10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-Cem、詳細5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
`-Ce'、詳細5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
-Cf、詳細5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
-CF、詳細5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
-Cm、詳細5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
-Cr10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-d10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-f10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-F10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
`-f'、詳細5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
`-F'、詳細5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
-h10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-I10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-i10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-I、詳細5.2 `-I'オプション:対話型スキャナ
-i、詳細5.1.1 `-i'オプション
-L10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-l10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-n10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-o10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-p10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-P10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-s10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-S10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-t10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-T10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-V10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)
-v10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
-w10.2 Flexコマンドライン・オプションの要約(Flex 2.5の補足情報)

.
.l、lexファイル2. Flexの起動

1
16進定数9.2 文字列リテラルの処理

7
7bit%option3.9 %option(Flex 2.5の補足情報)

8
8bit%option3.9 %option(Flex 2.5の補足情報)
8進定数9.2 文字列リテラルの処理

<
<*>3.8.4 スタート状態に関する注(Flex 2.5の補足情報)
<<EOF>>、詳細5.6 ファイルの終端(End-Of-File)ルール
<<EOF>>とLex8.1.1 FlexとPOSIX

エスケープ・シーケンス3.6.1 文字
エスケープ・シーケンス、スキャン処理9.2 文字列リテラルの処理
エスケープ・シーケンスの取り扱い9.2 文字列リテラルの処理
コード・ブロック3.4 %%
コマンドライン・オプション2.1 コマンドライン・オプション
コマンドライン・オプション10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
コマンドライン・オプション(Flex 2.5補足)2.2 コマンドライン・オプション(Flex 2.5の補足情報)
コンテキスト依存スキャン処理3.8 スタート状態
スキャナ、対話型5.2 `-I'オプション:対話型スキャナ
スキャナのデフォルト・アクション3.5 ルール
スキャナの再入可能性、yyrestart()4.1 FlexとC
スキャナの最適化6. スキャナの最適化
スキャナの振る舞いの動的な変更3.8 スタート状態
スキャナの生成結果のリダイレクト、`-t'10.1 Flexコマンドライン・オプションの要約
スキャンされたテキスト4.1 FlexとC
スキャンされたテキストの表示、ECHO4.1 FlexとC
スキャンされたテキストへのアクセス4.1 FlexとC
スキャン処理のスピード5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
スタート状態3.8 スタート状態
スタート状態、活性化3.8.2 状態の活性化
スタート状態、使用3.8.5 スタート状態の使用例
スタート状態、排他的3.8.3 スタート状態に関する注
スタート状態の使用3.8.1 スタート状態の説明
スタート状態の宣言3.8 スタート状態
スタート状態スコープ3.8.4 スタート状態に関する注(Flex 2.5の補足情報)
スタート状態スタック3.8.4 スタート状態に関する注(Flex 2.5の補足情報)
スピードとテーブル・サイズ6. スキャナの最適化
テーブルの圧縮5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
テキストの返却4.1 FlexとC
テキストの末尾への追加4.1 FlexとC
テキスト長4.1 FlexとC
デフォルトの振る舞い、スキャナ4.3 FlexとCの簡単な実例
バッファ、複数5.5 複数の入力バッファ
バッファの操作5.5 複数の入力バッファ
パース言語4.5.1 インターフェイス言語
パターン、マッチング3.6 パターン・セクション
パターン・マッチの拒絶4.1 FlexとC
パターンのマッチング3.6 パターン・セクション
メタ同等クラス5.3 テーブルの圧縮とスキャナのスピード
ユーザ定義のアクション4.1 FlexとC
ユーザ定義の初期化4.1 FlexとC
ルール3.5 ルール
ルールを使用した定義3.3 定義
ルール定義3.5 ルール

Jump to:   #   %   -   .   1   7   8   <                                    
A   B   C   D   E   F   I   L   M   N   O   P   R   S   U   V   W   Y  

[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by Akihiro Sagawa on June, 15 2005 using texi2html 1.70.