[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

8. 他の派生したオブジェクト

AutomakeはCプログラムではない派生したオブジェクトを扱うことができる。と きどき実際にそのようなオブジェクトを構築するためのサポートが明示的に提供 されていなければならないが、Automakeはそれでもなお自動的にインストールや 配布を処理するだろう。


8.1 実行可能なスクリプト

スクリプトであるプログラムを定義しインストールすることが可能である。その ようなプログラムは`SCRIPTS'主要名を使って列挙される。 Automakeはスクリプトには依存関係を定義しない。`Makefile.am' は適切な規則を含むべきだ。

Automakeはスクリプトは派生したオブジェクトであるとはみなさない。 そのようなオブジェクトは手で削除されねばならない(see section 何がクリーンされるか)。

automakeプログラムそれ自体は`automake.in'から設定時に生成さ れるPerlスクリプトである。ここにこれがどう扱われているかを見せる。

 
bin_SCRIPTS = automake

automakeAC_OUTPUTマクロに現れるので、それのためのターゲッ トは自動的に生成される。

スクリプト・オブジェクトはbindirsbindirlibexecdir、あるいはpkgdatadirにインストールされ得る。


8.2 ヘッダ・ファイル

ヘッダ・ファイルは`HEADERS'系の変数によって指定される。一般的にはヘッ ダ・ファイルはインストールされないので、noinst_HEADERS変数が一番 使用されるだろう。

全てのヘッダ・ファイルはどこかに列挙されていなければならない。抜かしてい るものは配布物には現れないだろう。しばしばインストールされないヘッダをプ ログラムの残りのソースと共に列挙することが最もすっきりしている。See section プログラムの構築。`_SOURCES'変数に列挙されるヘッダは`_HEADERS'変数に列 挙される必要がない。

ヘッダはincludediroldincludedir、あるいは pkgincludedirにインストールされ得る。


8.3 アーキテクチャ独立なデータ・ファイル

Automakeは`DATA'系の変数を使って雑多なデータ・ファイルのインストー ル作業をサポートする。

そのようなデータはディレクトリdatadirsysconfdirsharedstatedirlocalstatedir、あるいはpkgdatadirに インストールされ得る。

デフォルトで、データ・ファイルは配布物に含まれない

ここにAutomakeがその補助データ・ファイルをインストールする方法を 示す。

 
pkgdata_DATA = clean-kr.am clean.am …

8.4 構築されるソース

ときおりそうでなければ`ソース'と呼ばれたようなファイル(例えば、Cの `.h'ファイル)は実際にはある他のファイルから派生している。そのような ファイルはBUILT_SOURCES変数に列挙されるべきだ。

構築されるソースはまたデフォルトでコンパイルされない。これが起きるように ある他の`_SOURCES'変数でそれらを明示的に記述しなければならない。

いくつかの場合には、BUILT_SOURCESがいくぶん意外な方法で働くことに 注意しなさい。構築されるソースが自動的な依存関係追跡と働くようにするため に、`Makefile'は$(BUILT_SOURCES)に依存しなければならない。こ れによりこれらのソースが何かがおかしく見えるようなときに再構築されるよう になる。


[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by Akihiro Sagawa on June, 15 2005 using texi2html 1.70.