Session3

ネットワークソサエティーとビジネスコミュニティ
コーディネーター:花田光代(慶応大学)
David Bendaniel(Cornell Univ.)
アメリカでは、ベンチャーキャピタルシステムがうまく働いているために、 ベンチャービジネスは高成長を遂げている。

ベンチャーキャピタルのデータ

日本でのベンチャーの動き

ベンチャー日米比較。

問題をどう解決するか。

アメリカでは、技術が、大学から流入してくる。 それに対して、日本では、技術は、既存の企業から生まれ、企業からベンチャーが生まれてくる。

高橋 秀明(NCR)
マルチメディアのネットワーク社会がくるとして、なにが、高成長ベンチャーに必要か 日本はネットワーク社会において、コンテンツ制作、 ソフトウエア、コンテンツをデリバーするシステムという面で、遅れている。 日本の指導者はそれに対して、深刻に考えるべきではないか。

ネットワーク化によって、ホワイトカラー、末端の労働者の雇用は、減ってきている。それを吸収するのは、価値の連鎖の左側(コンテンツなど)である。 とくに、この分野でベンチャーが起こらないのは、非常に問題である。

ただし、日本は今まで数多くの危機を乗り越えてきたので、悲観はしていない。 しかし、どこかでオープニングしなくてはならない。 文化や大学の変革をまっていたのでは、遅い。 直接、価値の連鎖の左側の技術を伸ばすのは難しいので、 日本の得意なミニチュアライゼーションの分野で、まず、活躍して、 そこで、コンテンツをシンプルにプレゼンテーションできるような方向でやるのがいいのではないか。


Tim Bray(Open Text Inc.)