avril 10, 2010

Sophie Milman @ Bluenote

bluenote.jpg

Sophie Milman が久しぶりに Bluenote にやってくるというので、友達を誘って観に行ってきました。最初にHMVでアルバムを視聴してからファンになったのですが、声がとても良いのですよね。

ただ、前回聴きに行った時も思ったのですが安定して素敵な声がでてこない。最初の歌い出しのときは若干ドスの利いた感じの声で、透明感のある若いハスキーな声はどこにいったんだ~、って思っていたら、3曲目から調子が出てきていつも聴いている感じの声になりました。ほっ。

彼女はとっても良い子で、バンドからも好かれているし、見ていて楽しくなります。今回面白かったのは、コンサートが終わった後に楽屋にきたロシア人の子が英語がそこまでできないからか?「Sophie, you know you have a tasty pianist」と言っていたという逸話で、思わず会場に笑いが上がりました。

Whatever Lola Wants の歌い方がとってもキュートで、またファンになってしまいました。でも、↓な歌を可愛く歌えるってものすごい才能ですよねw you fool って言われるとごめんなさいって言いたくなっちゃう。

Whatever Lola wants Lola gets,
Take off your coat
Don't you know you can't win?
You're no exception to the rule,
I'm irresistible, you fool,
Give in!...Give in!...Give in!

I always get what I aim for
And you heart'n soul is what I came for ...

楽しい夜になりました。

投稿者 funya : 11:59 PM | コメント (0) | トラックバック

avril 14, 2009

Michel Camilo - Bluenote Tokyo

camilo.jpg

Bluenoteにミッシェルカミロを観に行ってきました♪久しぶりのBluenoteだったけど、やっぱりいいなぁ☆ 登場したときにはすごく腕の太い人の良さそうなおじさんだな、っていう印象だったのですが、ピアノを聞いてその腕の太さも納得。しっかりした指と腕がないとあの鍵盤さばきはできません!(きっぱり

1曲目はドラムのおにーさんとのセッションにまだ熱がこもっておらず、な感じで私はどうもノリきれなかったのですが、曲が進むにつれて2人の掛け合いがどんどん楽しくなっていき、ピアノとドラムでお互いのソロをニヤニヤしながら見つめあったりして、観てるこっちまで心を奪われちゃいました。最後は会場みんなで「テキーラ」の合いの手。いや~、ホント良かったです!

投稿者 funya : 11:24 PM | コメント (0) | トラックバック

juillet 18, 2008

Regina Carter

pvmain-regina1.jpg

BlueNoteから送られてくるメールを読んでいたら、バイオリニストのRegina Carterが来日と書いてありました。昔N.Y.のVillage VanguardにJazzを聴きにいったとき、Jazz Vaiolinist にはあまり期待していなかったのに、期待を大きく外れてものすごく感動したバイオリニストの人がいて、彼女の名前はReginaであったことを思い出しました。ものすごく有名な人に違いないとReginaとJazz Violinistで検索したけどうまく見つけられなかったのだけど、いつかとても有名になって(まぁ、Village Vanguardで演奏する自体既にかなり有名ですが)、私にも見つけられるようになるだとうと思っていたら本当にそれが起きました!!!

21日までなので、今回は行けないかもなぁ。。。アルバムを買って聴きたいと思います。ニューイングランドの楽しかった思い出をいろいろ思い出しました。また行きたい!&住みたい!!

投稿者 funya : 12:58 PM | コメント (2) | トラックバック

juin 13, 2008

Sophie Milman - Bluenote

sophie_milman.jpg

BluenoteSophie Milman が来るというので、早速行ってきました。まだ24歳の若いJazz Singerなのですが、声がとっても素敵なんです。私、いろいろJazzは聴きますが、やっぱりハスキーな声の女性ヴォーカルに弱いかも。ロシア生まれで、イスラエルに移住し、現在はカナダで音楽活動をしているそうです。とても華奢な子なのですが、どこから声がでてるんだろう?と思うくらいの声量。最初から最後まで聞き惚れてしまいました。BEIN' GREEN が、Kermit the Frog の曲だって主張したり、バンドのメンバーは「キレイ」っていう言葉を覚えて日本の女の子に使えばいいのよね、って言ってたり、面白い人でもありました。

アルバムは "sophisticated" な感じがしていて、声量もだいぶ抑えているようですが、目の前で歌うとアレンジが面白いし (MY BABY JUST CARES FOR ME の ME の言い方が可愛かったり)、とても楽しかったです。まだ荒削りなところがあるので、これからも見守っていきたいです。途中 Oscar Peterson への tribute 曲をいくつか演奏したのですが、一緒にいった友人が「オスピーが80歳のときにやっぱりBluenoteに見にきました」と言っていて、いやいや、オスピーじゃないから、と突っ込んだりもしました。

演奏が終わってからバーカウンターのところでドラムのジョンさんが男の人と立ち話をしていたので、後ろからこっそり聞いていたら、カナダのドラムス勉強事情なんてまじめな話をしていました。え、えらいw

いやー、楽しかった!


1.PLAN“B”
2.AGUA DE BEBER
3.SO LONG, YOU FOOL
4.SOMETHING IN THE AIR BETWEEN US
5.PEOPLE WILL SAY WE'RE IN LOVE
6.(IT'S NOT EASY) BEIN' GREEN
7.NO MORE BLUES
8.THE NEXT THING
9.TENDERLY
10.SWEET GEORGIA BROWN
11.UNDUN
12.MY BABY JUST CARES FOR ME
13.BYE BYE LOVE
14.WHY DON'T YOU DO RIGHT
15.I CAN'T GIVE YOU ANYTHING BUT LOVE, BABY

投稿者 funya : 11:59 PM | コメント (0) | トラックバック

juin 30, 2005

ミュージックバトンの続き

一番最近買ったCDは、WITH THE STYLEという福岡のデザインホテルのために、
カフェ vivement dimanche のオーナーが編集した"Hotel“WITH THE STYLE”Volume 01"というCDでした。

ちなみにバトンって、渡さないといけないのね。
えっとえっと、kay, sachi, nob, kuma, ひょっとこさん、後はよろしく!!!!

投稿者 funya : 10:29 AM | コメント (0) | トラックバック

ミュージックバトン

他の人の blog を読んで流行ってるなぁ、と思ってたミュージカルバトン、
気がついたら私にも回ってきました。

◇1 今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量:

7.84 GB (8,424,173,568 バイト)だって。
いろいろ試してみる性質なので、気がついたら増えちゃった感じです。

◇2 今かかっている曲:

Dreams Come True "DIAMOND 15"の「どうぞよろしく」。
このアルバム、最初のTHEMEの歌詞が素敵でとっても好きです。

Diamonds, diamonds, can be cut only by diamonds. Don't you see what makes you shining glow, it's you it's always in you.

カラオケ行きたいなぁ。

◇3 最後に買ったCD:

鎌倉のカフェ、cafe vivement dimanche (ヴィヴモン・ディモンシュ)のオーナーが編集したという、BossaのCD。
Bossanova大好き。1曲目のジョイスが明るい気持にさせてくれるので好きです。
手元にジャケットがないので詳しい情報が分からないw
また今度載せておきます。

◇4 よく聞く、または特別な思い入れのある5曲:

Louis Armstrongの"Wonderful World"。
ラオスの首都ヴィエンチャンにあるお気に入りのフレンチレストラン Silapa で掛かってて、
うれしかった記憶。声に包み込むような暖かさがありますよね。

鈴木重子の"CLOSE YOUR EYES"の fragile。
雨の日になると聞きたくなる。心を落ち着かせたい時にも。
透明感のある声が素敵です。でも、これ以外のCDはいまいちだったかもなぁ。。

小野リサのBOAS FESTASの"ウインター・ワンダーランド"。
クリスマス時期になるといつもかかってます。雪が降ってて、外には雪だるまがいて、
クリスマスツリーがかかってて、みんなで集まって晩餐会をしてて、みたいな状況を想像します。
この人、話をしても暖かい空気が流れてくる不思議な人。
どの曲も好きだけど、季節もののこれが一押し。

John Coltrane の Ballads の1曲目、Say it。
このアルバム、ピアノを弾いてるマッコイタイナーもかっちょいいです。
夜ウィスキーを片手にJazzを聴きつつまったりしたくなったときにお薦めの曲。

ノラジョーンズの1stアルバムCome Away With Me の "Don't know why"。
説明の必要、ないよねww

結構ポピュラーなの聴いてます。JazzとBossa大好き。
元気になりたいときにはAerosmithとかマライアキャリーとかもっと明るいのも聴くけど、
基本はちょっと暗いかも?ww

投稿者 funya : 01:29 AM | コメント (0) | トラックバック

janvier 26, 2005

ドリカム

最近学校から家に帰る途中にあるTSUTAYAによく寄って帰ります。
ビデオ借りたり、音楽借りたり、駐車場も適度に広いので愛用してます。

そこで、ずっと貸し出し中だったけどついに Dreams Come True の "DIAMOND15" が
レンタル可能になったので早速借りてきました。なんていうか、やっぱり泣けますね。
歌詞とか、声質とか、車をぼーっと運転しながら考え事してると、ほろりと涙がでて
しまうような。

当分繰り返し聴くことになりそうです。

投稿者 funya : 06:02 PM | コメント (2) | トラックバック