juin 26, 2009

ジブリの美術館へ!

gibli1.jpg

以前から気になっていたものの、なかなか行く機会がなかった三鷹の森 ジブリ美術館に先日行ってきました。友達に写真を見せてもらったら屋上に巨神兵がいたりしてさ。うーん、楽しそう!と思ってたんですよね。期待を裏切らない楽しさで、アニメーションはどのようにして作られるようになったか、を順番に見せてくれて、アニメへの愛が伝わってくる展示でした。宮崎さんがあらゆるところでブタに変身してて、可愛かった!!

どーしてネコバスは子供しか乗れないのさっ(ちなみに中はまっくろくろすけでいっぱい)なんて思ったりもしましたが、子供心に返る、とっても楽しい場所でした。オリジナルの短編アニメを上映していて、音を文字にすることでいろんなことを表現していたのですが、音っていうのには本当にパワーがあるんだな、って見ていてとても思いました。


gibli2.jpg gibli3.jpg

ちなみにランチは美術館に併設されているカフェ麦わらぼうしで食べようと考えていたら!なんと!このお店、美術館の中に入らないと入れないようになっており、、カフェだけ利用はできませんでした(ショボン) (仕方ないのでランチは美術館の近くにあるガレット屋さんで食べましたが、これも可愛くて素敵なお店だったな)。 という訳で、全部見終わってからカフェ麦わらぼうしへ♪ 「ふぞろいイチゴのショートケーキ」がお目当てだったのです☆うふ。ちなみに、カウンターに座ったら中のおにーさんがなにやら可愛いお絵かきをしているのを発見したので、飲み物も急遽カプチーノに。うわーい。

gibli4.jpg

友達とお揃いのマグカップもゲットして♪お家に帰ろうとしたら、地面にはこんな可愛いトトロが。門の留め金のところを利用して、葉っぱと小枝でおめかしトトロ。そっか、こういう風に生まれてきたのかな~。最初から最後まで夢に溢れる楽しい場所でした!

投稿者 funya : 11:59 PM | コメント (0) | トラックバック

février 18, 2009

Wicked - 劇団四季

89df8be3.jpg

友達を誘って劇団四季のウィキッドを観にいってきました。ちょうどノー残業デイの日だったので、終わった瞬間に劇場まで走って(はないけど(笑))行きました。ギリギリセーフで間に合いました。2階席だったのですが、私たちの前には修学旅行かな?と思われる高校生くらいの団体が。日本語のミュージカルは初めて見たのですが、やっぱり歌詞と音を合わせるのに無理がある気がするなぁ。しかし、歌詞が全部理解できるのは大きい(笑!

オズの魔法使いに出てくる良い魔女グリンダと悪い西の魔女エルファバの話。物事は見方を変えると誰が正義なのか悪なのかなんてわからなくなる、面白い話でした。エルファバ役の子がとっても可愛い!

私は最初の方にグリンダとエルファバがお互いあんな子とはやっていけないわ!と歌っている場面が好きでした。ブロードウェイのキャストでやっているYoutubeだとこんな感じ。アメリカの服ってなんだかスカートがふわふわしてるなぁ。ちなみに四季のCM。声量が違うのかなぁ、やっぱりブロードウェイ版に軍配があがってしまいます。

でも、こういう芸術に触れるのは楽しい。また何か観にいきたいと思いました。

投稿者 funya : 11:59 PM | コメント (4) | トラックバック

septembre 29, 2008

佐川美術館 - 滋賀

museum.jpg

もう少し落ち着いたら振り返って日記を埋めようと思いますが、茶道会OBの集まりで大阪/滋賀(+α)の旅にでてきました。これは滋賀の佐川美術館での1枚。ちょっと素敵でしょ♪

投稿者 funya : 08:56 PM | コメント (3) | トラックバック

septembre 28, 2008

たこ焼き、通天閣、Oli - 大阪

tearoom.jpg

関西旅行3日目は、滋賀の佐川急便がやっている 佐川美術館 に行ってきました。ここには千家十職のうち樂茶碗を作っている樂吉左衛門さんが自分が作っているような新しい樂茶碗に合わせた現代的なものを設計したというお茶室があり、水に浮かぶお茶室として有名なんだそうです。後輩が予約を入れてくれて(ありがとう!)みんなで無事中に入ることができました。この展示室では、「守破離」というものがテーマになっており、芸術を目指すものがこれまでの伝統を守り、やがてこれまでの手法を破り、やがて自分の芸術を確立し、師匠から離れていく、といった意味なのだそうです。

ジンバブエから切り出してきた黒い石が全体的に使われており、心を静かにさせる圧倒的な雰囲気が入り口から漂っていました。ただ、一歩路地に入ると、オーストラリアから取り寄せたというユーカリを使った枕木が床に敷き詰められており、なんだか暖かいような気も。他にも越前和紙、バリから取り寄せた材木、アクリルを使った格子、京都・滋賀の古民家から譲り受けた煤竹等財を尽くし、世界中から集めた最上級のものを集めたお茶室でした。うーん、すごいっ。

お茶碗も、守破離の離の部分を進む先進的なデザインで、芸術とはこういうものを言うのだなと有無を言わせず納得する感じでした。美術館は感性を刺激される、本当に良い場所ですよね。ここで茶道会の集まり自体は終わりになりましたので、大阪に移動して、大阪の友人と午後を過ごしました。

takoyaki1.jpg takoyaki2.jpg
takoyaki3.jpg takoyaki4.jpg

まずは梅田の丸ビル地下の(丸の内ではなく、ビルが本当に丸いから丸ビルらしい!)で自分で作れるたこ焼き屋さんへ。お店で自分で焼くの初めて!楽しいー。楽しいー。と思っている間に出来上がってしまい、急いで食べたため出来上がった部分の写真は無し!(苦笑 私も友達に乗じてビールを飲めばよかったかと少し思いました。


蛸之徹 マルビル店
住所:大阪市北区梅田1-9-20(大阪マルビルB2)
電話:06-6345-0301
定休日:第3月休
営業時間:11:00-22:30(Last22:20) /(日祝)11:00-22:00(Last21:50)

tsutenkaku.jpg

そしてミーハー(&馬鹿)な私は通天閣に登りたい!と強行なリクエストを出して友人達と通天閣へ。ビリケンさんに良縁を願う。いいことあるといいな。


dinner1.jpg dinner2.jpg
dinner3.jpg dinner4.jpg

晩御飯は知り合いの弟さんがシェフを勤める(すごい!)Oliへ。渋谷店はセルリアンタワーに入ってる高級レストランです。うわー。京阪シティモールの8階に入っていて、眼下には川が流れており、眺めも抜群!2人の再会を祝って(っていうとちょっとロマンチックに聞こえるかしら?)シャンパンを頼んで乾杯しました。

この料理がまた美味しかった!!ピザもモチモチだしパスタの豚肉とパプリカが絶妙なハーモニーをかもし出しているし、デザートのシフォンケーキにかかっているモンブランクリームがとろける美味しさ。カプチーノを頼んだら、ちゃんとハートが描かれていて、こういう細部まで凝ってくれるお店大好き。という訳で、大満足でお店を後にしました。

その後移動してお茶をしたのですが、2人ともフィット・フォー・ライフを読んだ仲間としては、思わずお酒や珈琲ではなくフレッシュジュースを注文(笑 いろいろ楽しく話をして(聞き上手な友人だったので、むしろ私は話しすぎたかも)最終の1本前の新幹線に乗って神奈川に戻ってきました。

ものすごく充実した旅行になりました。すごくリフレッシュできました。

投稿者 funya : 11:59 PM | コメント (0) | トラックバック

juin 11, 2008

英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展

turner.jpg

森美術館の英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展を見に行きました。ここの美術館の建築や見せ方が好きで、現代美術はいつも理解できないのに足を運んでしまいます(笑 

芸術は、見て・聴いて感じるものがあるからこそ人々に感動を与えると思うのですが、今回の展示はその裏にある意味とかを考えて観る必要があるものが多く、それて美術?って思ったりもしました。しかし、美術はその時代を映す鏡なのかな、と思うと、そういう小難しい時代に生きてるんだよなぁ。と考えさせられたりもしました。そういえば、母と子 - 分断されて(牛の輪切りホルマリン漬け)は発表されたとき随分話題になりましたよね。いろいろ意見はするけれど、やっぱり今後も現代美術にも足を運んでしまう自分が容易に想像できます(笑

一緒に行った友人が楽しんでいたのかは?ですが、私は楽しかったです。(ご、ごめんなさい)

投稿者 funya : 11:36 PM | コメント (0) | トラックバック