« mai 09, 2010 | メイン | mai 16, 2010 »

mai 11, 2010

星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか? - 中沢 康彦

h_183080.jpg

久々に図書館に行く機会があったので、うれしくていろいろ借りちゃいました。最近店頭に並んでいるので、気になった本「星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則」を予約したので、本が届くまでに「星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?」を読んで予習です。

星野リゾートという名前はCSR関係の会社に勤めている友達が教えてくれたので知ってはいたのですが、あの有名なアルファリゾートトマムを経営していたり、軽井沢高原ビールとか出しているヤッホーブリュワリ―を持っていたりするんですね。

他国が観光客を集めているのに対して、綺麗で、安全で、観光資源もある日本にあまりお客が来ないのは日本のリゾート環境があまり良くないからだという持論を元に、お客様に満足していただくことを第一目標にしてリゾート経営をしている星野さんに目をつけ、「日経トップリーダー」で特集を組んだものを本としてまとめたものです。大きな会社では管理やセキュリティの安全のために、といいつつ個性を伸ばせないような体制作りをしているように感じるけど、実際は現場の熱い思いが世の中を変えていくんだよな~、って思いました。

ゴンドラの監視員の方が考えたアルファリゾートトマムの雲海テラス、私もいつか行ってみたい!と思いつつ、ヤッホーブリュワリ―が出している楽天の地ビール部門第一位のよなよなエールを衝動買いして飲んだらなかなか美味しかったです☆

投稿者 funya : 11:59 PM | コメント (0) | トラックバック