« février 07, 2007 | メイン | février 11, 2007 »

février 10, 2007

McCOY TYNER TRIO - Blue Note Tokyo

07mccoytyner_f.jpg

久しぶりにJAZZ熱が高まって、Blue Note Tokyo をクリックしていたら、McCOY TYNERがやってくるということで、行ってきましたよ~。Blue Noteって程よい広さなので、どこに座っても熱気が感じられるし、コンサートホールよりも一体感があって私は好きです♪

McCOY TYNER TRIOは、ピアノとコントラバス(Gerald Cannon)とドラム(Eric Kamau Gravatt)の3人なのですが(ピアノ以外はメンバー変わったりすることもあるのかな)、ピアノはもちろん最高だったけど、ドラムのおじさんがかっちょよかった。ソロのときとか、ドラムを叩くのが楽しくてしょうがないという感じがヒシヒシと伝わってきて、こっちまでうれしくなっちゃう。あんなやんちゃなソロを間近で聴いたのは久しぶりというのもあったけど、あれは良かったなぁ。ピアノも、同じピアノを使っているのになんであんなメロディが紡ぎだせるのか、音を出せるのか不思議になってしまう。

2回目の回だったので、もう疲れてしまったのか一言もしゃべってくれないしアンコールもなくてさびしかったのですが、おじいちゃんだから仕方ないのかも?でも、それを上回るパフォーマンスで興奮しつつ帰っちゃいました。やっぱ、いいね。Blue Note。また行くぞ!

投稿者 funya : 11:59 PM | コメント (2) | トラックバック