プローブ情報システム プローブ情報システムは、自動車の持つセンサーデータ(プローブデータ)を、情報通信基盤を用いて収集し、統計的な処理などを施すことで、交通情報や気象情報、安全運転支援情報などの価値ある情報(プローブ情報)の生成・提供を実現するITS(Intelligent Transport Systems)の1分野です。 詳細はこちら
位置連携サイネージシステム プローブ情報システムを、現在シンガポールで導入が検討されているAutonomouse EFC(自律型料金収受システム)等の用途に向けて開発が進んでいる高精度位置取得技術によって構築し、バス向けの位置に連動したサービスを実現したのがCITIUSです。 詳細はこちら
安心で快適な基盤のために プローブ情報システムをオープンなプラットフォームとして運用するためには,情報提供者のプラ イバシ保護が必要不可欠であり、そのための国際的な制度作りは重要な要素です。 詳細はこちら
ABOUT
名前
佐藤 雅明(Masaaki SATO)
誕生日
1977年4月25日
所属
Visiting senior research fellow, IDMI, National University of Singapore
特任准教授, 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科
所員(訪問), 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科附属メディアデザイン研究所
活動拠点
神奈川県藤沢市遠藤5322 慶應義塾大学 村井純研究室内
21 Heng Mui Keng Terrace, #02-01-01, I3 Building, Singapore 119613
研究分野
インターネットモビリティ、インターネットと自動車の融合領域、プローブ情報システム、移動体の個人情報・プライバシ保護、位置連携サービスプラットフォーム
ITS分野の国際標準化(プローブ情報システム分野、normadic device分野)

  •